メインイメージ

最近の投稿

経営理念の再確認

株式会社設立:経営理念の再確認を

知人や同僚が株式会社設立をして独立した、という話を聞いたこともあるでしょう。長くサラリーマンをしていると、「独立」という言葉にはある種の憧れを抱いてしまいます。
昨今では、年功序列も過去の話となってしまいました。実力主義が当たり前となり、同期が自分より出世していったり、場合によっては、かつて自分が指導していた後輩や部下まで自分より上に行ってしまったりと、現実社会では相当厳しい競争が見られます。あるいは能力の高い人であればあるほど、会社を飛び出して自分の実力一本でやってみたい気持ちにもなるでしょう。そのような時代ですから、会社を飛び出して自分で株式会社設立する人も多く出てきて当然でしょう。

ところが自分で株式会社設立を果たしたはいいものの、なかなか経営が軌道に乗らない場合もあります。こんなことになるならば、前の会社に残っていれば良かった、と思ってももう遅いのです。会社経営に失敗する原因は色々ありますが、まずは、設立当初から確固とした経営理念があったがどうかが問題です。

例えば営業能力の高い人。会社から搾取されるのではなく、自分で稼いだ分を自分の懐に入れるには株式会社設立しかない、と信じて退職する営業マン。こういう動機が危険なのです。

開業当初は数字に強い人が良いでしよう。しかし経営を長く続けるのであれば、数字は当然重要ですが、経営理念がもっと重要です。会社は、世の中から対価をもらって成り立っています。世の中に対して、有形・無形問わず何らかの産物を提供し、それによって世の中がその分幸せになればこそ、その会社には存在意義が生まれます。自分の数字のことだけを考えてきたような営業マンでは、場合によっては自分の利益を優先するあまり、世の中に提供するサービスが、もらう対価よりも悪質なものになる可能性があります。

なんのために株式会社設立をするのか。今はサラリーマンの人でも、一旦サラリーマン感覚を捨てて、自分が世の中に対してどういう形で貢献できるかを考えましょう。箇条書きで書き出してみると良いでしょう。それらの中で、特に自分の特長となる部分を見つけ出します。人は、あれもこれもやれるものではありません。自分が世の中のために必ずできるもの。それは1つ程度かも知れませんが、その1つが世の中を変えるきっかけになるかも知れません。

松下幸之助しかり、本田宗一郎しかり。個人のたった一つの能力が突破口となり、世界に貢献する企業になることもあるのです。
この能力を通じて世の中に貢献する。それが経営理念たるべきです。”です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

Copyright©2014会社設立の代行業者や分社について知りましょう All Rights Reserved.