メインイメージ

代行業者の活用

株式会社設立時の印鑑証明等の提出は格安の代行業者に依頼

株式会社設立をする為に必要な金額は、1,000万円を資本金としなくてはならなかった頃とは違い、会社法が改定されて久しい現在では資本金は法的には1円から設立をする事が出来るようになっています。実際に1円で株式会社を設立するケースは少ないようですが、そのくらい簡単に誰でも株式会社設立が出来るようになったという事になります。

資本金は少額でも問題はありませんが、実際に株式会社を設立する為には規定の手続きを行う必要があり、その手続きに一定の費用が掛かる事になっているようです。株式会社設立においては、会社の組織や業務内容を事細かに記載する定款の作成が必要となります。このような書類は一定の書式があるので、初めて株式会社を設立する方には敷居の高い作業と言えるのではないでしょうか。こういった作業を得意とする専門職が行政書士や司法書士等の職業の方です。しかしながら、多くの専門家の事務所ではある程度の手数料を支払う必要があるようです。

定款の提出をするには印紙代として4万円が必要となるようです。しかしながら紙の書類ではなく、電子定款を作成する事で印紙代4万円を節約する事が可能となるようです。この電子定款には専用のソフトも必要となるので、手元にそのソフトが無い場合にはその為に高価なソフトを新たに購入する必要があるようです。

それならば、株式会社設立に必要な印鑑証明証を含めた申請書等の各種の書類の作成を一任出来る業者を探す事が、早く確実に株式会社設立をする方法と言えるのではないでしょうか。

通常株式会社設立には、電子定款を作成して印紙代を節約したとしても、公証役場に支払う定款の認証手数料に52,000円か掛かり、法務局で支払う登録免許税には150,000円が必要となるので、法定費用として202,000円は必要となるようです。その必要経費に加えて支払う手続き代行手数料を少しでも節約する為に、格安な代行業者に依頼をしたいものです。
インターネットを検索すると7,000円台で種類作成代行を行ってくれる業者もあります。勿論その際には印鑑証明等は自分で取る必要がありますが、それ以外の提出書類の作成を代行してくれるので、後は出来上がった書類一式が郵送で届くのを待つだけとなります。

株式会社設立の準備は書類の作成だけでなく、事務所や備品の用意やその他資金繰り等で大変な仕事は山積となるので、面倒な書類の作成を格安で代行してくれる業者があれば一任をしてしまった方が、準備に集中をする事が出来るのではないでしょうか。”

Copyright©2014会社設立の代行業者や分社について知りましょう All Rights Reserved.